MENU

ニッポンの街らしく、あなたらしく、きものが一番素敵です。

その素敵さは、地域も年代も性別も関係ありません。

私たち、全国きもの街づくり協議会は、きものを愛する人、

着ることを大切にする人をもっともっと増やし、

美しさと品格のあふれるニッポンを目指します。

新型コロナウイルス感染防止のため教室全面休講のお知らせ

2020年4月より教室すべてを休講といたします。なお新規募集については資料請求、お問い合わせは可能ですが、教室見学は再開後となりますのでご了承ください。再開のメドとしては2020年5月の大型連休明けを予定しておりますが、感染防止のため延長することもあります。

なお、現在受講中の方は、再開以降、すべて補講として対応いたしますので、ご安心ください。もし休講期間中、きもの着付けに関するご相談がございましたら、遠慮なく担当講師にご連絡ください。

自宅レッスンや予習復習のために着付け動画の配信をスタートしました

YouTubeに専用チャンネルを設置、着付け動画の配信をスタートしました。新型コロナウイルスの影響を考慮して、教室に行かなくても、自宅である程度のレッスンや予習復習ができること目指したものです。ぜひご利用ください。

YouTubeチャンネルは こちらから

はじめてのきもの着付け教室、福岡天神ではじまります。

きもの100%初心者、できない!知らない!持ってない!すべての「ない」に応える教室です。教室名はそのまま「はじめてのきもの着付け教室」。きものも帯も、小物も、とにかく何も持っていなくても、きものや着付けの知識、技術が「0」(ゼロ)でも、予算に合わせてきものを揃え、着付けを習得できます。
■福岡天神教室 月曜日の18時30分から20時までの90分 全8回を予定(補習あり)

■提携先/京都きもの市場福岡店(リーズナブルに幅広い価格帯できものを提供してくれる安心な呉服店です)

■費用/受講料は初回入会金を含めて10,000円。ただしきものや帯などを、京都きもの市場福岡店で5万円以上ご購入の場合は、この費用がゼロになります。

無理なく「きものを身につける生活」をスタートしていただくために考え抜いた教室です。資料請求はinfo@wasou.org まで!

「きものベストドレッサー2019」に眞子内親王殿下、小栗旬さんが決定(12月18日発表)

「きものベストドレッサー2019」女性部門の眞子内親王殿下にはもっとも多くの投票が寄せられましたが、代表的な投票理由は「海外でのご公務の際も着物で挑まれていて、日本文化をさりげなく発信されているお姿が素晴らしいから。また、コーディネートもとても参考になるから」(西村さん)。国内での国際交流イベントにも和装でご訪問されるなど「きものへの愛を感じるから」(いつきさん)。
一方、男性部門の小栗旬さんへの代表的投票理由は「映画『人間失格』で魅せた日常的な着姿が素敵で印象的!とても似合っておりました」(武田さん)。 詳しくはこちらから

第2回きものの似合う街大賞、全国グランプリに「山口県/萩」

6つのエリアから6つの街が大賞に決定。その中でももっとも得票を集めたのが萩です。開票結果など詳しくはこちらから

「きものベストドレッサー2019」の投票がはじまりました(12月15日まで)

昨年は羽生結弦さん、武井咲さんが受賞しました。今年はどなたに? 投票はこちらから

やさしいきもの着付け教室が、博多駅前、熊本に広がります!

福岡大手門でスタートした「やさしいきもの着付け教室」が10月から博多駅前、さらに熊本光の森に新設されます。習うための負担を抑えて、いま持つきものや帯を身につけて、和装の楽しみを実感していただきたいという想いも、いっしょに広がります。

やさしいきもの着付け教室の公式ホームページは→こちらから

第2回きものの似合う街大賞で日本一を選びます!

大賞は6つのエリアから6つの街を選ぶものですが、今回は、その中からもっとも得票の多かった街を

「日本一のきものの似合う街」として表彰することに決定しました。

投票はこちらから→ 投票ページへ

9月10日(火曜日)、TOKYO FM で紹介されます

一般社団法人全国きもの街づくり協議会の活動や想いが、TOKYO FMさんの番組で紹介されることになりました。オンエアは9月10日(火曜日)、午前9時30分前後ということです。

第2回きものの似合う街大賞の本投票受付を開始しました。

投票はこちらから→ 投票ページへ

第2回きものの似合う街大賞のエントリー投票の結果

第2回きものの似合う街大賞エントリー都市(街)

北海道・東北エリア/小樽、角館、弘前、函館、仙台、遠野
関東エリア/川越(本川越含む)、浅草、鎌倉、日本橋、日光、水戸
上信越・中部エリア/飛騨高山、金沢、飛騨古川、松本、高遠、小諸
関西エリア/京都祇園、京都嵐山、近江八幡、たつの、奈良、出石
中国・四国エリア/萩、倉敷、松山、松江、津和野、山口
九州・沖縄エリア/太宰府、首里、長崎、秋月、杵築、日田

※2019年7月31日締め切りのエントリー投票全5,567通より

ブランドアライアンスで、街にもっときもの姿を

ブランドアライアンスは、これまでのフランチャイズモデルではなく、きもの人口を増やしたいという目的の上で、一定の基準を満たせば、事業者が自由にブランドを使用できるもの。和装業界が苦手と言われている「ブランディング」や「ITを利用したPR活動」を共通化、協業化し、より多くの人にきものへの興味を広げたり、具体的な情報提供などを効率的に行うことが可能となります。

訪日外国人の和装体験が人気を集め、観光地できものを身につけているのは外国人の方が多いという例もよく見られます。日本に住む人たちのきもの離れは進む一方というのが実態です。このままでは最初で最後の和装が、成人式での振袖という女性がほとんどになることも予想できます。

本協議会では「街にきもの姿を取り戻すためには、元気な呉服店や着付け教室が必要」という方針をもとに、このブランドアライアンスによる協業化を街の呉服店や既存の着付け教室、また新しく着付け教室を開きたい個人を中心に参加を呼びかけています。ご興味がある方はぜひ info@wasou.org までご一報ください。

「きものベストドレッサー2018」武井咲さん、羽生結弦さんに

詳しくはこちらから

きものの似合う街大賞、小樽、鎌倉、飛騨高山、京都祇園、倉敷、太宰府に決定

詳しくはこちらから