ロサンゼルスの映画祭での映画「古都」の上映に協賛いたしました。

11月8日から14日まで、ロサンゼルスで開催されたアジア映画祭(AsianWorld Film Festival)に きもの/KIMONOをはじめ、日本文化が表現されている映画「古都」(2016年/松雪泰子主演)が上映され、たくさんの観客を集めました。当協議会では、その上映にシックスセンスラボ株式会社様、山口印刷株式会社様のご助力、またSakura Production USA様のご尽力により協賛させていただきことができました。

今年6月、ロサンゼルスで「KIMONO」という矯正下着のブランドが発売されると報道され、話題になりました。他国文化への敬意がない、また文化の盗用として非難され、撤回されましたが、実はアメリカアパレル業界では、Tシャツやワンピースの上から羽織る薄手のカバーアップを「KIMONO」と名付けて販売しているのが現実。つけまつげやコンドームにまで「KIMONO」がネーミングされています。 そんな現実に目をそむけるのではなく「KIMONO」は日本人が大切にしている文化であるという積極的なPRが必要だと考え、今回の上映を推進いたしました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です